さ行


サブプライムローン

サブプライムローンとはアメリカの住宅ローンの一種です。過去に破産した人や低所得者など信用の低い人に対して貸し付けられたローンです。優良顧客向けでない人向けのローン。

一般的な住宅ローンに比べ審査基準が甘いため借りやすいけど、金利が高いというデメリットもあります。ただし最初の数年間は金利が低く設定されている。

【サブプライムローン問題】
2007年夏頃から住宅ローン返済の延滞率が上昇しはじめ、翌年には、この証券を組み入れて世界中で販売された金融商品の信用保証が完全になくなり、多くの大企業が負債を抱え世界同時不況を巻き起こした。


差金決済

差金決済とは現物の受渡しを行わない、差金の授受による反対売買をした結果生じた差額(差損益金)の受け払いのみで取引を終了させる方法のことです。


信託保全

信託保全とは信託口座に委託することを言います。

金融先物取引法ではFX業者がお客さんから預かった資金を自社の資金と区別して管理することが定められておりますが、区分管理のみではFX業者が万が一破たんした場合、預けた金額が全額戻ってくる保証がありません。

そこで銀行、信託会社に資金を委託することにより確実に返還されるようにしています。もしFX業者が破たんしても信託された財産は強制執行・仮差押・仮処分等ができないのでより安全に預けることができます。


実質金利

実質金利とは物価上昇率を考慮した、割り引いた金利のこと。名目金利を物価上昇率(インフレ率)を差し引いた金利です。


スワップ金利

スワップ金利とは取引をした異なる2通貨の金利差を表しスワップポイントとも言いFXの魅力でもあります。

金利の高い通貨を買って金利の低い通貨を売った場合は差額を受け取ることができますが、逆に金利の低い通貨を購入して高い通貨を売った場合は支払わなくてはならなくなります。


スプレッド

スプレッドとは外貨の売値と買値の価格額のこと。要するにFX業者の外貨売買手数料です。

為替レートが「105.555~105.557」ではスプレッドは0.2銭となります。この価格差は業者によって異なりますのでできるだけ少ない、スプレッドが安い業者を選ぶ必要があります。

現在、FX業者では低スプレッドを打ち出していて、安いFX業者はたくさんあります。


ゼロ金利政策

ゼロ金利政策とは1999年2月から日本銀行採った景気浮揚のための金融政策。市場の混乱、バブル崩壊後の最悪な経済状況の中、優良な銀行、企業が資金を借りられない事から起こる倒産を避けるために行った非常手段です。


世界銀行

世界銀行とは国際連合の専門機関で発展途上国の開発を支援する国際金融機関で 国際復興開発銀行、国際開発協会、国際金融公社、多国間投資保証機関、国際投資紛争解決センター の5つのグループで形成しており世界銀行グループと呼ばれています。加盟国は184カ国で本部はワシントンD.C.。


損切り

損切りとは評価損を実現損として確定させる、つまり損失を確定させる取引のことでマイナスを最小限に抑えるために行います。

損失を拡大させないためにも、ストップオーダー(逆指値注文)を利用するなどしてこの損切りを徹底することが重要です。 


証拠金

証拠金とは保証金、マージンとも呼ばれ担保のようなものもです。外国為替証拠金取引では取引額に比例して必要となる委託金で、この証拠金をレバレッジ作用で大きく運用していきます。


失業率

失業率とは雇用統計の一つで「失業者÷労働力人口×100」で定義されています。失業率をみることで、その国の経済状態をみることができる事からマーケットでは重要視されます。


裁定取引

裁定取引とは「アービトラージ」「さや取り」ともいい、市場間の価格差を利用して割高いほうを売って、割安いほうを買い利益をあげる行為をいいます。全体の上下動の影響を極力排除しながら収益を挙げる手法をいいます。


スイス国立銀行

スイス国立銀行とはスイス連邦内の金融行政を担う中央銀行でスイス・フラン紙幣の発行管理をしています。


新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とはアメリカの労働省が毎週(木曜日)発表する失業給付を申請した失業者の数です。つまり失業者が初めて失業保険の受給申請をした件数のことを表します。雇用統計が月に一回公表されるのに対して毎週発表されるため、雇用情勢の速報性に優れており重要視されています。


ZEW景況感調査

ZEW景況感調査とはドイツの民間調査会社である欧州経済センター(ZEW)が公表する景気先行きにに対する聞き取り調査の事です。

経済アナリストや機関投資家に対して調査し楽観回答から悲観的回答を引いた割合、比率です。ユーロ圏指標のなかでは重要視されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です