は行


反落

反落とは上昇してた相場が一転して下落に転じることをいいます。一時的な反落もあれば持続的な反落もありますので一概に反落という言葉だけで判断出来るもではありません。また、逆の意味で上昇に転じることを反発と言いm言います。


評価損益

評価損益とはもっているポジションを市場価格で計算した際の損益。利益確定する前の状態の損益です。利益が出ている状態の場合は「評価益」、損失が出ている状態の場合は「評価損」と言います。

決済して利益、損益を確定した場合には実現益、実現損と言います。


日計り

日計りとはデイトレードのことです。翌日までポジションを持ちこさず、その日のうちに手じまいする取引です。

インターネットを利用したオンライントレードがが盛んになり可能になった投資方法。


貿易収支

貿易収支とは国際的な商品の取引を行った際に生じる輸出入の総計。経常収支は貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支から成っています。


ブローカー

ブローカーとは取引の仲介する人または企業を指してこう呼びます。通貨を売りたい人と買いたい人を仲介し、約定させることを業務とする人も含まれますので外国為替の取引業者、FX業者のことでもあります。

手数料は一般的に売り手、買い手のそれぞれから徴収します(ブローカレッジ)。


プラザ合意

プラザ合意とは1985年9月22日ドル高円安を解消するために、1985年にプラザホテルでなされた合意の事です。

アメリカの貿易赤字解消のためドル安円高にすることに決定した。このせいで日本の経済は不況に向かうと危惧されていましたが、低金利政策を実施したせいで不動産投機の資金が容易になりバブルへと突入していきました。


ポジション

ポジションとは保有中通貨のことを指しす持ち高状況のこと。今後の状況を予測してポジションを持つことになります。


ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズとは経済状況、物価動向、金融政策などの為替相場を動かす要因の事です。GDPや国の新政策、原油価格、経済成長率や金利水準、国際収支から失業率まで様々な基礎的要因全般を総じてこう呼ばれています。

これらの要因から分析することをファンダメンタルズ分析と言います。


ヘッジファンド

ヘッジファンドとは本来の意味で、リスクをヘッジ(回避)しながら運用を行なうファンドのことですが、実際には積極的な利益を上げるこをを目指す私募形式のファンドの総称です。機関投資家や富裕層等から資金を集めて運用する投資団体。


ビッド

ビッドとは売るときに提示される金額の事です。プライスを提示する側の買値のことで買い手側の希望金額です。逆に売り値をオファーやアスクと言います。


ベア

ベアとは相場が下降をたどり下落するという弱気な見方をいい弱気な投資家や、弱気な相場の事を指します。このベアは動物のクマから名付けられ腕を上から下に振り下ろす様から付きました。

逆の言葉で「ブル」という言葉もあります。こちらは牛のつのの様子から名付けられました。意味は強気という意味です。


ボックス相場

ボックス相場とは高値と安値が「箱」に入れたようにある一定の範囲内で値動きを繰り返す相場のことです。別名レンジ相場とも呼ばれています。


非農業部門雇用者数

非農業部門雇用者数とは非農業部門に属する事業所の増減を給与支払い帳簿を元にして集計されるアメリカ経済指標の中でも注目度が高いものです。

農業以外で働く雇用者の増減が分かります。アメリカでは日本よりもレイオフで人員削減をすることが多いため景気と雇用者数の連動性が強いことからもこの指標の重要性がうかがえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です