ら行


両建て

両建てとは同じ銘柄の買いポジションと売りポジションの両方を持つことです。つまり同時に同じ額の反対のポジションを持つ事で上昇しても下降しても損益が相殺される状態になります。

ただし、手続きが増えても利益は少なく、持ちポジションが増える分、リスクも増えるということで両建て不可のFX業者もたくさんあります。


レバレッジ


利食い

利食いとはポジションを反対売買して、利益を確定させることです。逆の意味で損を承知でこれ以上の損失を出さない為に売却して損失を確定することを損切りと言います。


ロールオーバー

ロールオーバーとはポジションの繰り延べを行なうこと。つまりスポット取引の決済日を3営業日以降にずらすことです。FXでは自動的にロールオーバーを繰り返しているので利用者は意識することなく投資を行えます。

通常、取引では、ポジションを2営業日後に受渡しにより決済しなければならないのですが、スワップポイントの受け払いをすることにより、受渡しによる決済の期限を気にすることなく、いつでも反対売買による決済をすることが可能となります。


量的緩和

量的緩和とは日本銀行が公開市場操作で銀行等の金融機関から国債や手形を買うことで資金を供給し、市中に出回る資金の量が増えて、金利が低下し、金融緩和となる方法で金融機関が日銀に保有する当座預金残高の「量」に置いた金融政策。

日本銀行が2001年3月19日から2006年3月9日まで実施していた金融政策。


リーマン・ブラザーズ証券

リーマン・ブラザーズ証券とは2008年事実上破たんしたアメリカの大手証券会社。1950年に設立し米国4位の巨大証券会社です。サブプライムローンによる損失も多大に影響し負債総額、約64兆円という史上最大の倒産となりその後リーマンショックとして世界的な金融危機を招く事になる。


連邦公開市場委員会

連邦公開市場委員会とはアメリカの政策金利を決定する会合(年8回)のことを言います。公定歩合・FFレートの決定など、公開市場操作政策の決定が行なわれます。7人の理事と5人の地区連銀総裁の合計12人で形成されているアメリカ金融政策を決定する最高意思決定機関です。


連邦準備制度理事会

米連邦準備制度理事会とは連邦準備制度の統括機関で金融政策の策定と実施を任務としており、また連邦準備制度の活動の最終責任を負うアメリカの中央銀行。


レベル

レベルとは為替相場において取引されている為替レートのおおまかな水準のことをいいます。おおよそのレートで提示されているものをレベルと言います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)