取扱単位について

取扱単位は小さいほど小口の取り引きが可能となります。FXでは手持ちの資金の何倍もの大きな取引ができるのがメリットでもありますが、逆に大きく損をしてしまう可能性もある金融商品です。

取扱単位が小さければそれだけ少ない金額の取引ができるということなので、「まず経験をしてみたい」という人にとっては始めやすくなるということなのです。

多くのFX業者では1万通貨単位が一般的ですが、なかには1000単位から始めれる業者もあるので、最初は小口で挑戦してみたいというひとは1000単位からのFX業者を選ぶとよいと思います。

ちなみに1万通貨単位で米ドルの取引をするためには「1$=110円」ならば1万ドル(110万円)の取引からとなります。しかし、1000ドルならば11万円から取引が可能になるのです。

レバレッジのおかげで最初から1万通貨単位の取引をすることは難しくありませんが小口の取引も可能ならメリットになります。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)