各業者ロスカット詳細一覧

FXはレバレッジで資産の何倍もの(現在は最大25倍)資金で運用できる効率の良い投資なのですが、株式投資のような値幅制限のないFXではレバレッジを利かしている分、損益が大きくなる可能性もあります。

もしレバレッジにより資産の何倍もの資金を失ってしまう事になっては借金を抱える事になりかねません。そこで、各FX会社では定められた証拠金維持率以下になった場合に未決済の状態で保有している外貨を反対売買により強制決済するようになっています。これにより資産、つまり最初に投資した金額以下になる事を防いでくれます。各社、どの段階で強制自動決済するかは異なっていますのでそれぞれ確認が必要です。



損失の拡大を防ぐ為に必要なロスカットですが、数秒ごとに必要証拠金額を下回っているかどうかの計算をしているとはいえ急激に変動している場合は預けた額以上の損失が出る可能性はゼロではありません

その為、万が一のことを考え余裕資産で取引を行う事は求められます。FX取引において避けたいロスカットですが、絶対の無い投資であるFXを始めるのなら必ず注目しておきたい項目です。

良い悪いは別にして証拠金維持率を上げることでこのロスカットを回避することが出来ます。追加証拠金を入金をすれば純資産額が上昇し、証拠金維持率が上昇します。もう一つの方法はポジションの一部を決済すると必要証拠金が減るので証拠金維持率が上昇します。

有効比率が100%未満の場合にはギリギリの必要証拠金で購入した場合に売値と買値の差により即必要証拠金を下回るために強制決済ロスカットされます。ポジションを保有するためには必要証拠金以上の資金が必要ということになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です