FXで稼ぐために

今から当たり前のことを言います。FXで稼ぐためには良い口座と良い投資法を持てば良いだけの話です。どうですか?少しは稼げるかもしれないという気持ちになった人も少なくないのではないでしょうか?

FX業者比較最前線の管理人、私も個人投資家の一人です。日々、FXで効率よく稼ぐために勉強中です。「外国為替証拠金取引ってなんだろう?」と言うところから始まり、5,6年が経ちました。その間には様々な法改正などもあり、一喜一憂しておりました。

最初は本当に少ない金額で少ないレバレッジで始めていたのですが、なかなか利益がでない状況でした。「5万利益がでれば、10万円の損失がでてしまう」このような状況でかなりの金額をFX投資で損失を増やしていきました。それは徐々に金額が大きくなり10万の利益がでれば20万円の損失・・・貯金を使い果たす勢いでした

そこで、私はFX業者を比較して最良の口座をまず作ろうと思いました。思えば、最初はキャンペーンに魅かれ取引のしやすさ、手数料などの確認もせずに作り、それをメインの取引口座としていました。

たくさんあるFX業者のなかで良い業者を探すのはかなり骨のいる作業でした。私の取引スタイルにあったFX業者を選別して再度、口座の申込をしました。これで勝てれば言うことなしだったのですがそんなに甘くありません

しかしながら、損失のペースは明らかに遅くなり、マイナスには変わりありませんが、口座を変更したことによりかなり得をした。と言うよりも、今まで相当な損をしていたのだと実感しました。

ですから皆さんには絶対に取引に有利になるような口座を開設してもらいたいと心から思っております。有名なFX業者を出来る限り掲載して自分にあった口座を探しやすくするために日々、努力していきたいと思いますのでぜひ、当サイトをご利用ください。


投資スタイルを確立しよう

FX投資と言っても投資法が実にたくさんあります。そしてその沢山の投資法でもそれぞれ大成功をしているFX投資家がいます。なのでどの投資スタイルが一番良いのかは判断できません。

長期なのか中期なのかデイトレードなどの短期なのか、大きく分けても3つの投資法が存在します。そのなかであなたがどれに適しているのか、どれで成功するのかを考える必要があります。

トレードできる時間や生活スタイル、資産状況によってもこの投資スタイルは変わってくると思います。ぜひ、自分に合った投資スタイルを考えて口座選び、投資をして頂きたいと思います。


情報量は必須事項

素人でも簡単に儲かるFX投資」など初めての人でも簡単に儲けることができるように謳う書籍、サイトが目立ちます。そしてその言葉がFXで莫大な収益を上げている実績ある投資家までもが発言しているので信用してしまします。

ただ、管理人は絶対に違うと思っております。これは個人的経験、感想のみで言っているのではありません。沢山の書物を読んでそう感じることができたのです。

成功しているFX投資家の誰もがよく研究しています。決して素人だとは思えません。ただ、その投資家がプロでないという点も考慮して謙遜しているだけなのです。主婦でも大成功している場合もありますが、その主婦は素人ではありません。プロ並みの知識を得ているトレーダーなのです。

よく勉強していなければ発見できない内容も投資法に考慮されている事からもその証拠として挙げられます。FXで成功したいのならFXについて猛勉強するべきです。ただ、その投資家は猛勉強したという自覚がないだけです。

今、あなたは普段、日本語を流暢に話をしている思いますとが、猛勉強したという意識はないと思います。おそらく同じ感覚でFX投資を考えている人なのだと思います。今、外国人が日本語を覚えようとすれば猛勉強するはずです。そんな難しい日本語を苦労した記憶なく簡単に話せるあなたがその証拠なのです。

FXを猛勉強した方が良いという言葉は使いたくありませんが、少なくとも今、成功しているFX投資家のだれもが、FXの知識を人並み以上は確実に持っている事だけは確かです。知識が多いという認識が本人にないだけだと思います。


FXで負ける人の共通点

FXで負ける人に共通する考え方はその場の思いつきで売買しているという点ではないでしょうか?つまり、上がる理由を明確に説明できない、下がる理由も同様に説明できない状態で取引を開始してしまうと言う事です。

ようするになんとなくで投資をしている状態です。なんとなくと言うことほぼ勘で行っているという事なのです。上がる相場と下がる相場というものを研究せずに投資すれば今後も負けていく可能性は大だと思われます。

その原因は知識のなさから来るケースもあるのではないでしょうか?突然のニュース、このニュースは上がる要因なのか、下がる要因なのかすら分からないで保有していないでしょうか?

またそのニュースや経済指標でどれぐらい影響するかを把握できているでしょうか?判断力以前に、判断するための材料が不足しているという事なのです。

各FX業者がせっかく様々なチャートツール情報ツールを提供しているのですからそれらを活用できるぐらいの知識を持って投資していくことが大事だと思います。


FXはなぜ負けるのか?

FXでは9割の人が負けるという話を聞いたことがあります。という事は、残りの1割の人が大きく儲けて残りの9割がマイナスになっているという事が簡単に想像できます。

大きく儲けている訳ではないですが、管理人は幸いにも残りの1割に今現在いることが出来ています。プラスに転じる大きなきっかけはFXのテクニックを身につけた訳ではないと自己分析しています。

私が思うのは、FXというよりも投資に対する考え方を改めた事が一番のきっかけになったと思います。感の良い人なら最低限度の知識さえあれば高度なテクニックもチャートを駆使したトレイダーでなくても勝つことができるのではないかと思うようにもなりました。

という事は、FXに参加している人のうち、投資に関する考え方が間違っているという仮説をたてることができます。この考え方は私が編み出したものではなく、以前購入した情報商材で知り、感銘を受け投資というものを理解した結果です。残念ながらその都合上、私の口からそれを公開することはできませんが、負ける理由がはっきりと分かりました。

まあ、勝っている1割の人はこれぐらいの事は理解しているとおもいますが、残りの9割はまず気づいていない情報、投資に関する考え方でした。当然、気づいていれば余程運がない、よほど想定外の事が起きない限り負けないようにも思います。

私の口からは言えませんが、勝っている1割の人の多くはまず知っている情報なので、FXで勝っている人の書物を是非、読んでみてください。運が良ければ記載されているはずですし、納得もしてもらえると思います。

そのあと、大きく勝つためにテクニックや専門知識というものが必要になってくると思います。単純な事ですが、9割が気づいていない情報。これを探し出すことがFXのみならず投資でとりあえずプラスにする方法だと思います。


損切りがなぜ出来ないのか?

FXで勝つためには損切りというキーワードがかなり重要になってきます。これは書店に並ぶFX本には必ず記載されているのでよく知っていると思います。しかし、闇雲に損切りが大事だと思っているだけではダメなのです。

ほとんどの投資家は損切りの重要性は分かっています。しかしながら9割の人が負けると言われているトレーダーがこれだけしつこく書籍に記載されているこの言葉を知らないとは思えません。

つまり、損切りを知っているだけでは勝ちトレーダーにはなれないのです。正しい損切りをしなくてはならないのです。それでは、まず正しい損切りがなぜ、できていないのかを考えてみましょう。

当たり前ですが、負けるためにトレードしている人はいません。全員が利益を求めて参加しているのです。当然、だれもが負けたくないと思っています。しかし、残念ながら持っているポジション、買うポジションがすべてプラスになることはありえません。つまり、下がってしまうことは普通にあることなのです。

そこで思うことは、「損を確定させたくない」という心理です。損切りの重要性を理解していても、この心理を完全に拭い捨てきれていない人が多いのです。そのため、もう少し待つという御法度に手を出してしまうのです。あなたが自覚していなくても・・・。

では上がっている時の事を考えてみましょう。もちろん全員が「もっと上がって欲しい」という気持ちを持っています。しかし、下がってしまうことを考えた場合もったいないという気持ちもあり、利益を確定させてしまいます。

これがほとんどのトレーダーが売買をするなかで思う投資の心理ではないのではないでしょうか?同じ心理を9割の負けているトレーダーも思っているのです。あなたもこの心理で動いている以上、9割の負けているトレーダーの仲間入りをするのは目に見えています。

勝ちを確定するのは簡単ですが、損切りするのは難しいというのはこのような心理が常に働いているからです。損切りになれるためにも、負けても喜べるぐらいの金額しか口座に入れないようにしましょう。それを理解して初めて勝てるトレーダーになってから追加で入金しても遅くありません。


利益よりも損失が大きい

管理人はスゴ腕のFXトレーダーではありませんが、FXで利益を得ている人の書物、マニュアル、ノウハウなどをできるだけ沢山収集しています。そのおかげか徐々にですが効率の良い投資法というものを確立しつつあるのではと自負しています。

たくさんの投資家の体験談などを見ると勝ち組と負け組で差があることは利益よりも損失が多い人は負け組になってしまうと言う事です。何を当たり前のことを言っているんだと思われた方も少なくないと思いますが、トータルの話でなく一回一回の取引の話です。

取引するたびに利益で10%プラスになっても損益を出した時に20%マイナスになれば2回に1回、利益が出たとしてもマイナスになります。2回に1回も市場予想が当たってもマイナスになってしまうなんて勝てようがありません。

負けるときに2%マイナスで済むのなら5回に1回以上、投資予想が当たればプラスになるのです。FXで負けてしまう人の多くはこの考え方をしていないように思います。逆にどの成功者の投資法を見てもこの考え方を考慮して実践していることが多いです。

何も1回単位だけではありません。1日単位でもおなじことなのです。昨日は100万円損してしまったが、その前は400万円プラスで、今日は700万円プラスといったようにプラスになった時の金額のほうが大きいのが特徴です。

成功者の投資法の共通点をできるだけ多く見つけることができれば、それだけ安定した投資ができると信じています。


塩漬けについて

思っていた予想とは裏腹に為替レートが動いてしまった場合、また、戻るだろうと期待してそのまま放置する事を塩漬けと言います。それで、戻れば良いのですが、必ずしも戻る訳ではありません

つまり放置していたら余計に損失が膨らんでしまうと言うことも良くある事なのです。そうなれば、多額の損失になってしまうばかりか、再投資する資金がなくなってしまうことだってあるのです。

確定すれば決定です。負けを負けと認めたくない気持は十分に分かりますが、必ず負けることもあるということも知っておくべきです。全勝するトレーダーなどこの世にいないのです。

負けをさっさと認めて損失を少なくするというのも、結果的に良かったというケースも同じようにあることを認識しましょう。塩漬けする人に限って負け組の投資家が行いがちな方法です。


ナンピンで損失

ナンピンとは売買平均コストを下げるために追加で購入する行為です。例えば1000で購入したが価値が800円に下がった場合、1000円追加すれば2個で1800となり、一個の単価が900円に戻ればチャラになります。最初のままだと1000円まで戻らなければチャラにならない為、一見賢い選択のようにも思えます。

しかし、これは良かった時の例です。さらに下がれば2倍の損失を被ることになりますのでかなり危険な投資法だと言えるのです。大損したと言う人はこのナンピンによることも多々あるそうです。

そもそも最初の予想自体が外れているのですから、その投資法は間違いなわけで、さらに追加してもマイナスが膨らむほうが可能性が高いと思われます。さらに、マイナスの時にしか追加しないことが多いのでマイナスの時だけ金額が大きく、プラスの時はそのままと考えることもできます。これで収益を上げるほうが難しいのではないでしょうか?

さらに余剰金の割合を考えなかった場合、金額を大きくしたため、ロスカットになってしまう可能性だって十分あるのです。ナンピンをするのなら良く考えたほうが良さそうです。


冷静に取引しよう

冷静さを失った投資はギャンブルをしているのと同じことだという事を強く思います。特に大損した時連敗しているときなどは冷静さが顕著に失われるものです。負けを取り戻そうとすればするほど、元に戻すことが困難なぐらいの大損失をしてまう可能性も高くなるのです。

自分の許容範囲を冷静に判断して参加しましょう。これが出来ないようでしたら投資に参加するべきでは無いと思います。自分が冷静さを失っていると感じたらすぐに相場から離れて冷静になぜ、損失を出してしまったのかを分析していくのも悪くない選択だと思います。

やはり投資は冷静かつ余裕で行う必要があると思います。成功しているトレーダーは心情をまったく入れないでトレードしているように見えます。冷静なトレードが成功への道なのかもしれません。


口座開設と投資法が重要

良い口座を選んだところで利益が出る出ないは投資法が大きいと思います。間違った投資法をしていてはいくら最良のFX業者の口座をもったとしても不可能です。FX業者をせっかっく比較し良い口座を開設したのですから、良い投資法を見つけなければなりません。

もちろん、独学で効率のよい投資法を発見したのでしたらそれで良いと思います。さらに精度を高めてFX長者になっていけば文句はありません。管理人も長い間、FXで稼ぐためにどのようにしたら良いのか考え、試行錯誤していました。

結論から申し上げると、私は発見することが出来ませんでした。特別な情報源もなければ所詮、情報は経済新聞、インターネットと誰でも手に入る個人投資家としては当たり前ですが発信している人がいると言う時点でその情報は1歩も2歩も遅い情報です。情報合戦で勝てるはずがありません

そうこうしている内に私の通帳からみるみる減っている状態で、いよいよFXの世界から脱退か?と思ったものです。しかし、あるときFXで稼いでいる人の情報をネットで目にして、どうせ損失を出しているのですからこれから自力でやっても損失が増えるだけと思いその情報を渋々手を出す決意を決めました。

正直、数億、数千万稼ぐと記載されていましたが、実際には現時点でも私自信がそうでないというのが結論ですが、プラスに転じることができたので私としては満足しています。ようやくプラスにできる投資法を知った喜びは今でも忘れません。

その後、さらに投資法の精度を高めるためと、色々勉強がしたかったので何度か信頼できるであろう情報を探し、購入していきました。たまにミスもあったのですが、徐々にプラスになって、いつのまにか過去に損をしていた分を上回る利益を出すことができたのです。

現在も大きな投資をしている訳ではありませんので少しではありますが、徐々に資産を増やしています。毎月、マニュアル一つぐらいは簡単に購入することができると思います。

FXで稼ぐためには投資法というのがキーワードだと思います。情報合戦では絶対に勝つことが出来ません。個人投資家は違う方向から攻めなければ安定した利益はでないのかもしれないというのが私の個人的な見解です。


早く良い投資法を見つけよう

はっきり言って私は後悔しています。最初から今のFX業者の口座で今の投資法で行っていれば今以上の資産を持っていた事は間違いないでしょう。その資産をさらに増やすことも可能だったかもしれません。あまりにもスロースタートだった自分がもったいないという気持ちは今も正直あります。

もちろん投資の世界なので絶対はありません。今も損失を抱えるリスクはあります。しかしそのリスクを最小限にする方法は初めて投資した時よりもかなり上達していると自負しています。プロトレーダーでない私の投資法ではどこまで通用するか分かりませんが、それも私自信が考えた投資法ではありません

購入した情報に照らし合わせて取引していますので他人任せと言えば否定することはできません。しかし、FXでは順調に資産を増やし時には有名になるほどの大金を稼ぐ個人投資家も誕生しています。その一方で、一向に利益が出ず、多額の借金を抱えてしまった人も少なくないともいます。私も一歩間違えればそっちに入っていました。

FXはハイリスク・ハイリターンの投資法と言われていますが、それは投資する方法によってはまったく違うと思います。リスク管理をしっかり行い、利益がでても深追いしないようなコツコツ型の投資法をしている感覚があります。良く言えば堅実、悪く言えばつまらないトレーダーなのかも知れません。

少なくとも今現在はこの方法で利益が出ていますので、夢を見ず、堅実に増やしていきたいと思っております。ただし、それ以上の投資法を見つけたら私も夢を見てみたいと心の底で思っております。管理人の個人的な感覚も多分に含まれているページですが、今現在、損失を出していると言う人は投資法を根本的に変える必要があるのかも知れません

過去の私にも言いたいのですが、利益が出る可能性が高い投資法を持っていないのならFXに手を出すべきではないと心から言いたいと思っております。絶対がない投資の世界で勝負しているのですから、明日には私がここまで偉そうに言えるかどうかは分かりません。もともと、億単位を稼ぎだすプロトレーダーでもありません。しかし、損失を出していると言う人に少しでも役に立つサイトを目指していますのでぜひ、このサイトを定期的に確認していただければと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です