FX業者初回最低入金額一覧

初回入金とはFX業者に口座開設する為に最低限の証拠金として入れておかなければならない金額のことです。

当然、少ない金額しか入金しないということはレバレッジを多いに活用しなければ変動は小さく、投資意味がなくなると思いますが、レバレッジに頼りすぎるとリスクがその分、大きくなるという点だけは改めて確認してお手欲しい項目です。

ただし、その最低入金額はFXをするスタートラインに立てるかどうかの条件でもあります。

初回入金が少なければその分、最初に用意する金額すくなくても可能という事なので窓口が大きいとも言えます。

実は初回最低入金額、つまり最低初回証拠金を低くすることはハイリスクでもあり低リスクでもあります

たとえば5万円から始めれる口座だから5万円を証拠金としてFX口座に入金して取引したとします。25倍のレバレッジで125万円を運用するとします。

一方、25万円を初回入金すれば同じ125万円の運用をするためにはレバレッジは5倍で済みます

証拠金維持率が一定を割り込むと自動ロスカットされ損益が確定するのですが目減りした場合、高いレバレッジで行うとすぐにロスカットとなってしまうのですが、低レバレッジで行えばロスカットになる確率をグンと減らせます

その為、初回証拠金を少なく高いレバレッジで行うとハイリスクと言われていますので出来るだけ多く用意したほうが良いと言われています。

しかし、考え方によっては初回入金額が少ないほうがロスカットが自動でなる為、大損をする可能性が少ないのも事実です。

例えば5万円が25%でロスカットになったとしても37500円の損失ですがロスカットになる確率は25倍に比べ5倍の取引はぐんと少なくなるとは言え25万円が半分になれば18万円以上の損失になります。

つまりどんなに損をしても金額が少なく済む初回入金額が少なく高レバレッジで運用したほうが低リスクと言う考え方も出来るのです。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)